タカの日記

医療系サラリーマン兼ラガーマンの日々の思いをまとめていきます。

2018年度 ラグビー大学選手権決勝 雑感 No.039

遅くなりましたが、大学選手権決勝のレビューです。

 

高校は大阪桐蔭高校トップリーグ神戸製鋼高専の大会も奈良高専が優勝して関西ラグビー強しという機運が高まっている中で天理大学が初優勝を狙えるか?と言う事に注目してみていました。
天理大学は準決勝では帝京大学に勝ち、10連覇を阻みました。明治大学は早稲田相手に早明戦での借りを返して22年ぶりの優勝を狙うところです。
 
試合の流れは天理がゴール前のラインアウトから狭いサイドをNo.8マキシとキャプテンでもあるHO島根で攻めて先制。天理大学5-0明治大学
但し、その後明治大学もワイドに攻めながら天理からのプレッシャーを上手く逃れながら右隅にWTB山崎がトライで5-5の同点としました。
その後も天理大学は攻めていきたいのですが、スクラムは強くてペナルティをもらえてもその後のラインアウトが安定せず攻めの起点を作れませんでした。
 
また明治大学のキックでエリアを取りながら試合を進める戦術に付き合ってしまいましたね。明治大学は敵陣でのラインアウトからモールで押すと見せかけた後に素早く展開しながら
ラインアウトのテール(最後尾)の選手とバックスの選手の間のスペースを上手く攻めてトライを上げました。キックも決まり明治大学12-5天理大学
 
その後天理が明治陣内に攻め込んで前半の終盤を迎えますが、この時に攻め急いでしまったと思われました。ゴール前でFWのショートサイドを繰り返していましたが、
ゴールエリアに入ってもボールを地面にグラウンディングできなければ、スクラムでの再開(プレーが切れてしまう)になるので前半が終わってしまう事になりました。
逆に言えばプレーが切れなければ攻め続けられたので強いランナー(No.8マキシ、LOモアラ、CTBフィフィタ)だけにボールを持たせてもっと攻められたらトライにならなくてもペナルティなどをもらえたかもしれません。
もちろん「たられば」ではありますが…。
 
後半は14分に明治大学はそれまで劣勢だったスクラムをこの試合通じて一度だけめくりあげてペナルティを獲得志それでPGを決めて三点追加となり、この時点でスコアが明治大学15-5天理大学となりました。
 
更にその後も天理大学陣内でFWが近場を付きながら前進を繰り返し、最後はHOの武井がポストの真下にトライを上げました。


このトライも単純に武井の突破力だけが注目されがちです。しかし、この試合を通じて明治大学のFWは最初に球を受けたプレーヤーがコンタクトをするのではなくそこから内側や外側に居るプレーヤーに球を渡してそのプレーヤーが突進することを繰り返していました。


この武井がトライをする直前に外側から6番のプレーヤーが内側に走り込んでいます。それを一瞬目にした天理の4番の選手が武井にはプレッシャーをかけられず結果、裏に抜けてのトライとなっております。


地味ですがこの明治の6番のダミーが効いた形になってトライとなりました。キックも決まり、明治大学22-5天理大学
 
 
ここからは天理大学は割り切って攻めるしかなくなって強い留学生のランナーを散らばらせるのではなく、一つの塊で使うようになりました。また迷いのない思い切ったアタックでじりじりと明治のDFを押し下げて行ってるようにも見えました。


そこからは天理大学主将のHO島根です。最初のトライよりもさらに鮮烈な走り、タックルを受けた後もボールを持ち直して再度走り出すアタックから反撃の狼煙のトライを上げました。明治大学22-12天理大学
 
その後もCTBフィフィタのトライにつながる鋭いランもまた見れました。この時点残り5分。明治大学22-19天理大学
 
最後は明治大学がボールをキープしようと粘りましたが、天理大学のFWがルールを正しく理解してボールを奪い返す。最後のスクラムからのアタックはCTBフィフィタのノックオンで終わってしまいましたが、見どころ充分の大学選手権決勝戦でした。
 
明治大学慶應大学早稲田大学に負けて、4年生だけで話し合い、自分たちを見つめなおす機会を得たとのコメントも見ました。また、東海大学との試合でテビタとアタアタモエアキオラという大学界屈指のランナーともなる相手とも試合が出来ていたのも大きかったようです。


更には主将でもある福田君の成長。10月―12月くらいの対抗戦の試合の時はキャプテンシーというよりはSH独特の小賢しい動きばかりが気になっていましたが、この決勝の舞台では相手の天理大学のSHと比較してもゲームマネジメントがうまく出来ていたように思えます。
 
ここまで来るのも大変だったと思いますが、来年度は追われる身になり10連覇を逃した帝京なのか、悔しい思いを下級生がリベンジする天理大学なのかまた来年の正月が楽しみです。

2018年度第98回 高校ラグビー決勝 No.038

もう1月も半ばになりました。かなり放置気味のブログも書こうかなと思ってはいるもののなかなか進みません。


タイトル通り、高校ラグビーの決勝について書こうと思います。


大阪桐蔭高校と神奈川の桐蔭学園の対決になりました。


どちらも桐蔭とつきますが、兄弟校のような繋がりはないとのことです。


大阪桐蔭高校は前年度花園で決勝まで行きましたが、惜しくも東海大仰星に阻まれ初優勝はなりませんでした。


対する桐蔭学園も過去に現サントリーの松島幸太郎や現NTTコムの小倉順平などを有した第90回大会では東福岡との両校優勝はありますが単独優勝はまだありませんでした。


試合の内容は大阪桐蔭がFWのまとまりの良さとバックスのDFの出足の良さで桐蔭学園の芽を潰して行った感じでした。


桐蔭学園もFWバックドアでBKを使いたかったと思いますが特に後半になると大阪桐蔭のCTBのアップディフェンスに手こずってしまいましたね。

 

 

桐蔭学園としては準決勝な東福岡戦で露呈してしまったモールへのDFの弱さが大一番に響いたのではないでしょうか?


それでも桐蔭学園の2番フッカーの紀伊君のオフロードパスや7番の渡辺誠人くんの玄人好みの動きはNZ代表だったFLクロンフェルドを思い出しました。


これで大阪桐蔭高校は野球部も春夏制覇、ラグビー部が冬に全国優勝とかなり盛り上がってますね。


対抗できそうなのはサッカーとラグビーで東福岡か、流経大柏とかになるのかな!?


何はともあれ面白みがたくさん詰まったあっという間の60分でした。


新しくなった花園で現地観戦できたのは良かったです。

オールブラックス プライド No.037

表題のオールブラックス プライドを読みました。

 

きちんとまとめられた本だなぁとは思いましたが、だいたい聞いたことのある話だったので、そこまで新しい発見みたいなものはなかったです。

 

ただ、小野晃征の話は面白いですね。若くして日本代表に入ったNZ育ちのプレーヤーということは知ってましたが、気質とか考え方とかもほとんどNZ人ぽい感じがしました。

 

選手会の仕組みをNZから日本へ伝えてくれたりしてこれからも発展に寄与して欲しいところですが引退すると帰っちゃうみたいですね。

まぁ縁を切るわけではないと思うのでまたコーチとしてスポットで来てくれたりとかもすると良いですね。

 

逆に彼と対照的だなと思ったのが現日本代表キャプテンのマイケルリーチです。

 

彼はNZ出身ですが高校から日本でラグビーしているおかげで気質はほとんど日本人みたいな感じがします。

 

見た目が日本人で気質はNZ人の小野晃征と見た目がNZ人で気質が日本人のマイケルリーチ、どちらもラグビーを通じて育まれた素敵な人間ですね。

 

ラグビーのdiversity(多様性)を体現してるような素敵な見本ですね。

 

朝鮮高校にも早くから全国大会への道のりが開けていたという話も聞いてますし、このあたりはもっと上手くラグビーと現代の社会に求められるものを繋げていけば共感は得やすいような気がします。

トップリーグ1stステージ?最終節終了 No.036

10/20(土)でトップリーグの1stステージの最終節が終わりました。これで順位が決定して二つのカンファレンスの上位4チームが優勝をかけて、下位4チームが順位決定と入れ替え戦に向かうチームをかけて戦います。

 


どちらのチームも全勝チームがないのと全敗チームがいると言うのが順位表をパッと見た感想です。

 


全敗チームの二つはともに福岡を拠点にする2チーム。地元が福岡だけになんとなくやるせないです。コーラは日本代表やセブンスにも人を取られて大変だし、サニックスもどうしても人が揃わないなぁーと言う印象が否めません。

 


上位チームはパナソニックヤマハ神戸製鋼サントリートヨタくらいが優勝に手が届きそうですが絶対的な強さをどこのチームにも感じないかなと言うのが今年のトップリーグです。

 


パナソニックも上手いし賢いなーとは思いますが前節のリコー戦で見せたような勢いに飲まれてしまう感じは否めません。あと3試合をあんな感じのテンションで乗り切れるんでしょうか?

 


神戸製鋼トップリーグ初年度に優勝して以来ずっと優勝には縁がなく、自分の印象的にも選手集めてるけど勝てないなぁーと言うものでした。

 


ギャリーゴールド連れてきていい感じかなと思ったらすぐにどっか行っちゃうしみたいな印象でした、すみません。

 


今年はダンカーター連れてきて面白くなってきました。

 


相乗効果なのか山中亮平、良いですね。

ネット界隈では「ダッシュさん」とか「Mr.追加招集」とか呼ばれてますけど、エディーにも呼ばれてますし、サンウルブズにも追加で呼ばれてアルゼンチン?に1人で飛んでいくなんてこともしてますよね。

 


高校でも全国制覇、大学の時も二年次にはレギュラーで全国制覇、かなりの王道プラス花形プレーヤーの道のりを歩んできてると思います。

 


大学の時の監督の中竹竜二氏の著作の中でも面談の様子が記載されてたりしますが、本人の正直な気持ちが描かれていて面白かったです。これからもっともっとキラキラしたプレーをして見てる人をワクワクさせて欲しいです。

 

 

 

現代表では「都合のいい女」みたいな扱いされてますが(失礼)、昨日のNEC戦での調子の良さをそのまま持ち込んで、今代表にはFB不在なのでこのままレギュラーや23番のジャージ(スタンド、センター、フルバックができるユーティリティ)を掴み取って欲しいですね。

 


10/20が平尾誠二の命日ということもあり、そのつながりで若かりし頃のドーピング違反→2年間プレー禁止ということもありましたが、それを乗り越えて大きく羽ばたいて欲しいです。今30歳ですよね、がんばれ山中。

週末いろいろ No.035

飛行機の中はネットに繋げないので、文章をまとめるのには良い時間かもしれない。


時間いっぱい寝ようと思っても、結局途中で目が覚めたりするもんなぁ。


今週末のトップリーグもまたまた色々あったみたい。


両チーム共ホームではない奈良県で開催された試合は観客が1000人を超えなかったとの事。同じ関西の万博公園では神戸製鋼のダンカーターが関西デビュー戦ということも重なったのか。今はW杯のために「なんとかなるさ」みたいな雰囲気ですが来年以降がどうなることやら。


イベント以外で東京で回ったお店とかをいろいろ。一つ目が山手線のとある駅から歩いていけるスポーツバーでした。


よくイベントなんかも開催されているし、店主の方と少し知り合いだったので行ってみたけど、もう行かないかもしれません。


飲み物と一緒に頼んだフライドポテトが今まで食ったものの中で1番べちゃべちゃしてで不味かった。中学校の調理実習でももうちょいましなの作るぞ!!レベルのやつ。もう1人で行くのは本当にやめときます。難しいですね。


他には東陽町にあるモンシェール の工場でデニッシュパンを買いました。前の家がご近所だったので、たまに買いに行ってました。工場がずっと稼働してるのでその店頭で24時間いつでも買えるというのが素晴らしい。


これを明日の朝ごはんに軽くトーストして表面だけ温めたやつにブルーベリージャム塗って食べるのが今から楽しみです。

 

宿泊場所が武蔵小山でそこから歩いて五反田まで出てジムに行きました。anytime fitnessはどこでもあるので行った先々で計画が立てられるのが良いですね。

 

歩き回るとお腹が空いたので五反田の「おにやんま」へ。相変わらず狭くてお世辞にも綺麗とは言えない店構えですが、サクッとうどんを食うには最高のコスパの店です。


時間も16時過ぎくらいだったけど結構お客さんもいました。みんなこの店にはハイクオリティな接客なんてものを期待してないし、店側もそういうものに応えようとするためのコストをわかってるみたいでとても良いです。


大盛りのとり天うどんが600円しないし、うどん自体も大盛りだとかなりの量でした。


今日はきっと家に着いたらすぐ寝そうな気がするし、明日の予定はどうなることやら。可能ならラグビーして体を動かすか、ウーバーイーツでもやって小遣い稼ぎたいなぁと思います。


夜はもし目が冴えて眠れなそうなら撮りためてある今週末のラグビーの試合か、「不惑スクラム」でも見るとしますか。

 

 

 

結婚前夜 No.034

結婚式前夜!!とはいっても友達のだけど。東京で15:00からある結婚式に出るのになぜか朝から日本間の飛行機に乗ること決めました。

 

東京に着いたら中学の同級生と公営のジムで筋トレしてランチしようと約束したので懐かしの江東区に参ります。

 

その約束した後に一緒に結婚式に出る友達から式が始まるのが遅いから0次会しようぜ!!と連絡が来たものの結局それには行けそうにないのかなぁ。

 

ただ式と披露宴には一緒にラグビーをやった仲間でちょうど1卓が埋まるくらい来る予定なので久々に会えるはず。みんなどこかの世代でクラブ日本一を経験してる強者揃いなので楽しみですね。

 

そういえば最近昼飯のガツ食いをやめたんですけど体重が全くといって良いほど変わりません(笑)。

 

お腹周りは少しスッキリした感じがしますが、これも食べ過ぎの分がお通じが良くなって出ていっただけなのかな?

 

昼飯のメニューは自家製サラダチキンと納豆とかその他みたいな感じです。

 

来週からもプロテインをちゃんととるように意識すれば少しずつ変わるかな!?

 

ただ、ラグビーとかの目標がないとなかなか継続して続きませんね。来年はまた強いチーム探してやろうかな?

ダンカータートップリーグ デビュー No.033

2018年9月14日秩父宮でNZオールブラックスのレジェンドでテストマッチ最多得点記録を持つDan Carterがトップリーグ にデビューしました。

 

神戸製鋼に加入するというニュースから始まり、記者会見やファン感謝デーでの写真などは出回ってましたが公式戦初登場ということもあり、かなりの人が秩父宮に押しかけてようです。公式発表で17000人くらいかな。

 

テレビ見たりとか、現地に行った知人のとかの写真見ててもかなりパツパツに入ってたみたいやけど、それでも20000人に届かないんですね。

 

自分が行って一番入ってたのは2006年度のトップリーグ ファイナルで2007年の2月だったと思います。東芝サントリーでした。

 

あの時はかなり入っていて22000人くらいだった気がしますが、記憶の補正がされてるんですかね?最後の最後で東芝のドライビングモールからルアタンギ侍バヅベイがポスト下にトライ+ゴールで逆転優勝のゲームでした。

 

ダンカーターのプレーは最初のキックをポストに当てて調子悪いんかな?と思ったけどその後はどんどん調子を上げていき、パスアンドフォローからのトライや、相手の決定機にはノックオンを誘うタックルなんかも出してました。

 

昨日は神戸製鋼の各選手の活躍が目立ちました。移籍組のフッカー有田隆平やスクラムハーフ日和佐の球さばきや空間に浮かせるパス、パナから移籍の児玉もトライをとってました。

 

他にもハッティングのエッジでのランからのオフロードとか、両センターのコンタクト(アタックもディフェンスも)なんかはかなりダンカーター的にも助かったんじゃないでしょうか?

 

山中もフルバックやってていつもなら何回かチョンボをやらかしそうなところを目立ったミスもなく安定してました。昨日の試合だけ見るとタイマンの松島よりも良かったのではとかも思ってしまいます。

 

後はウイングの山下楽平も良かったですね。髪の毛が緑になってましたが、最初のトライや、ダンカーターのトライにつながる松島を振り切ったランとか結構見ていてしびれました。

 

パナソニックの山田に近い動きなのかなと思うのであまり、細かいことにこだわらず、いろんなところに顔を出して、ボールを持ったらワクワクさせてくれる選手を目指して頑張って欲しいと思います。

 

後、昨日は松島はなんかパッとしませんでしたね?疲れかな?梶村は相変わらず元気に突進したり、アシストパス出したりしてました。

 

サントリーもこれで残りの試合を負けることなく無理してでもやらなきゃいけなくなってきた気もします。ここからのサントリーの巻き返しもまた見てみたい。

 

今日もまた他の試合の録画でも見ようっと。

 

明日のNTTドコモ三菱重工相模原の試合が大阪であるのですが見れないのが悔しいです。マイケルリトルのプレーを間近でみたかった。