読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タカの日記

医療系サラリーマン兼ラガーマンの日々の思いをまとめていきます。

突然の連絡No.019

9/14の午後に連絡が来た。以前に何度か一緒にラグビーをやったことのある奴が試合中に倒れてそのまま帰らぬ人となったという話を。

今年は別のチームでやるということだったので会う機会は減っていたが出身が同じということで会った時は地元の話などもしていた。

まだ若く大学卒業して2年目くらいだったと思う。

実は僕はこれでラグビー中の出来事で友人を亡くすのは2回目である。

どちらもそれぞれの試合の当事者ではないものの個人的につながりがある人をなくすのは本当に辛い。しかもどちらも20代中盤という若く将来もある時だったのでなおさら。

1人は脳震盪、もう1人は心筋梗塞だそうだ。何か嫌なことが起きてしまうと誰かのせいにしないとやりきれない気持ちになってしまう。当該チームの安全管理はちゃんとしていたのか?とかバタフライエフェクトではないけどもしどこかで自分が違う行動とかを取っていたらそんなことにはつながらなかったんではないかなとか。

脳震盪で亡くなった友人も確か9月だった。僕はその時は当時のチームで北海道遠征に行き試合に臨むところだった。

亡くなる友人とは高校の時のつながりで帰る方向が一緒でよく自転車を漕ぎながらいろんなことを語りながら帰った思い出もある。そこにはもう1人の友人もいた。よく彼女と一緒に帰っていたので僕たちと帰ることは少なかったけどそれでもそいつが独り身の時は3人でコンビニに寄ったりしながら帰っていた。

僕が北海道で試合をした時に、当時札幌の歯科大学に行っていたそのもう1人の友人が見にきていた。ちょうどその試合と同じ時間帯にもう1人の友人は命を落とすことになる大怪我を負っていたということになる。

この時の彼はしばらく意識不明の重体という状態が2週間くらい続きその後に亡くなった。明るく人受けが良い人だったのでとんでもない数の友人が葬儀に来たという話も聞いた。

そして今回の件、また胸にぽっかりと穴があきそうな出来事だ。不安で動けないとかいうほどではないけれど、少しずつ何事にも対するやる気みたいなものを奪っていってる気がする。

明日は会社だけど終わったらやはり通夜には顔を出そう。後悔だけはしないように。